お客さんのニーズに答え喜んで頂けるものをご提供するブログです。
 
【卓球新時代到来】
0

    1月22日(月)

     

    皆さんこんにちは。

    今週はきつい寒波が来襲

     

    今日の記事

    水谷選手が脱帽

    「チョレイ!」強かったです

     

    全日本卓球史上最年少V 張本智和「自分の時代に」の真意

     

    「時代」が変わった瞬間だった。

     21日、全日本卓球選手権の決勝で、張本智和(14)が男女を通じ史上最年少で初優勝。今大会10度目の優勝を目指していたエース水谷隼(28)を破り頂点に立った。

     新王者は試合直後、「2年後、ここ(東京五輪の会場となる東京体育館)へ戻ってきて(個人と団体で)金メダルを2つ取れるよう頑張ります」と、早くも五輪の目標を宣言した。

     張本自身が「ここで優勝できたので、ここからもっと成長のスピードが上がると思う」と言ったように、驚異的な成長ぶりに、14歳上の“元エース”水谷は脱帽だ。

    「中国選手と同じレベル。今日の張本くんがいつも通り100%の力だとしたら何回やっても勝てないと思う。張本くんが来る前にたくさん優勝しておいてよかった。他の日本人選手の誰がやっても勝てないと思います」と白旗を揚げた。

    張本は会見で「これからは自分の時代にしたい。どんな相手が来ても負けない実力をつけたい」と、もはや国内に敵なしとも思える強気の発言も飛び出した。改めて本人にそのことを聞くと、

    「まだ戦ったことがない選手もいるので、(敵なしかどうかは)分からないですけど、全日本で勝ち続ければ自然と自分の時代になっていくのかなと思います。誰よりも練習してきたつもり。(昨年6月の)世界選手権は勢いで(水谷に)勝てた感じだったけど、今回は(点を)取られても冷静になって実力で勝てた感じがある。今は負ける怖さというのはないです」

     

    全日本3冠の伊藤美誠 燃え尽きからの復活にコーチの支え

     

     全日本卓球選手権では男子の張本智和(14)が史上最年少で初優勝したが、女子も若手がエースに完勝した。伊藤美誠(17)がシングルス、ダブルス、混合ダブルスの3冠を達成。史上最年少での偉業となった。準決勝では全日本シングルス4回優勝の石川佳純(24)を撃破。決勝では昨年、石川を破って女王となった平野美宇(17)に勝って初優勝を遂げた。

     負けた石川は「前より凡ミスが減って、コース取りも前と変わっていて主導権を握られてしまった。スマッシュも良くなっていた」と、後輩の成長を肌で感じた。

     伊藤の成長を支えたのは、4歳から「二人三脚」を続ける松崎太佑コーチ。リオ五輪後はモチベーションの上がらない伊藤の下半身強化と気分転換を兼ねて週1〜2回、ジムや公園でのトレーニングを取り入れ、燃え尽き症候群から復活させた。ふとした気の緩みも見逃さない。

    「今回は全日本への思いが強くて言うことないなと思ったけど、(女子)ダブルスの決勝前(20日)は唯一浮かれていたので注意しました。どっちかというと調子に乗るタイプ。浮かれてもいいけど決勝前だし、パートナーの(早田)ひなちゃん(17)はしっかりと切り替えていた中でふわふわしていた。すぐ友達としゃべりに行っちゃう。シングルスは仕方なくても、ダブルスは相手に影響しますから」

     伊藤は器用で、極端に言えば適当に打っても返せてしまう。良質な日本製ラバーでなく、しっかり打たないとミスになる中国製ラバーを使い、矯正したこともあったという。
    東京五輪まで約2年半。卓球には早くも新時代がやってきた。

     

    本日の逸品

    寒い日には

     

    蕪(かぶら)蒸し

     

    温まります。

    【2018.01.22 Monday 12:40】 author : とおる
    | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    【けじめ引退2】
    0

      1月21日(日)

       

      皆さんこんにちは。

       

      今週はまた寒波がくるようです。

       

      今日の記事

      江川 達也

       

       

       

       

       

      9時間前

       

       

       

       

       

       

       

      小室哲哉さん。

       

      奥さんの介護に疲れ、看護婦さんに愛をもらった。
      孤独を埋めてくれる人を失いたくない。
      奥さんへの愛もある。
      人は、老いることを考えず、若い頃は軽快に生きてしまう。
      ふと気づくと孤独、病い、老い、死だ。
      そんな寂しい人たちは少子高齢化で増えている。
      世間の言う不倫とかの断罪ってクソだぜ。
      少子高齢化に立ち向かうためには、自由恋愛が大事で、一夫一妻制の廃止が必要だ!
      愛のシェアが必要だ!
      もはや、不倫を断罪するクズは、「反社会的勢力」だ!
      どんどん子供を作ろう。
      子供を育てる環境を作ろう。
      不倫とかの断罪をやめよう。
      浮かれてるうちに取り返しのつかないことになる。
      小室哲哉さんも先のことに気づいて、こうならないための曲を作る音楽活動してればよかったかも。
      どんなジャンルでも「売れる」ものは、現実逃避モノだ。
      どこかで気づいて、「売れる」だけでなく、老いや孤独や病いと向き合う曲を作っていたら…。
      いや、まさに、これからの小室哲哉さんの作る曲こそが、魂を揺さぶる曲なのかもしれない。
      商業音楽は引退し、本当の自身の音楽活動もしくは表現活動の開始宣言のような気がする。

       

      看護師と浮気報道で電撃引退 小室哲哉はそんなに悪いのか

       

      「音楽の道を退くのが私の罪の償いである」――。

       19日に行われた音楽プロデューサー小室哲哉(59)の電撃引退会見は後味の悪さを残すことになった。

      「週刊文春」が報じた看護師Aさんとの不倫疑惑。小室は自身の“男性不能”まで明かしながら男女関係については否定。しかし、「不徳の致すところ」「僕なりの騒動のけじめとして引退を決意しました」と語った。芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

      「安室奈美恵さんが9月で引退することが話題になっていますが、小室さんは『自発的な音楽活動は本日をもって終了させていただきます』とおっしゃった。引退公演など一切やらず、すっぱりと音楽シーンから身を引くと発表した。この決断は大きく、そして深い絶望があるように見えます」

       小室は今回の報道前から引退を考えており、文春の浮気報道はあくまで“引き金”だったという。

      「『疲れ果ててしまった』というのが本音だと思います。小室さんはくも膜下出血で倒れた妻KEIKOさんを6年以上、支え続けています。リハビリ中ということですが、くも膜下出血はリハビリによって必ずしも良くなるわけじゃなく、障害が残って、ゆっくりと退行していってしまうケースだってある。『女性というよりは女の子になった』とおっしゃっていたのは、KEIKOさんがそういう状態にあることをほのめかしていたように感じました。

       KEIKOさんの大分県の実家のご両親やスタッフの手を借りなければ、とても手に負えないのかも知れません。加えて自身もC型肝炎や突発性難聴などの病気も患っていたというのですから、八方ふさがり。不倫を疑われた看護師の女性は、そんなときに知り合い、ふと心を許せる相手だったのかも知れません」(城下氏)

      ■ネットでは同情論も……

      引退の2文字が浮かんだ時期は昨年の8月。仕事と介護の両立に限界を感じ、「ああ来年は一般的な定年(60歳)かなと思った」という小室。

       35年の音楽活動の幕引きのきっかけが不倫スキャンダルになるとは夢にも思っていなかったに違いないが、積年の看病疲れなどが重なった時に、ふと自分を支えてくれる身近な女性に甘え、彼女も許容した。それを第三者が鬼の首を取ったかのごとく、不倫は罪だと非難するのは、いくら小室が有名人とはいえ、いささか人間味に欠けると言わざるを得ない。

       もちろん、引退は浮気の方便という見方も一方にはあるが、小室を取り巻く状況が同情に値するのは間違いない。ネット世論やワイドショーなどで小室を擁護する声が渦巻くのも当然といえば当然だろう。

       35年間の音楽人生で「一番ツライのは今日」と語った小室。何度も頭を下げて会見場を去るその背中に、一世を風靡した“TK”の2文字はなかった。

       

      本日の逸品

       

      西山金時いも(甘藷)のポタージュ

       

      女性に召上っていただきたい逸品 

      食物繊維たっぷり!

       

       

      【2018.01.21 Sunday 12:24】 author : とおる
      | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      【けじめ引退】
      0

        1月20日(土)

        皆さんこんにちは。

        今日の記事 

        介護疲れが原因か

        「小室さんがKEIKOさんを選んだ理由は、何でもやってくれて、甘えられる“母性”でした。ところが自分が介護する立場に逆転し、外に癒やしを求めたのは容易に察しがつくし、同情に値します。ただ、自宅に招き入れるのは禁忌。KEIKOさんの判断力が不完全で、彼女の尊厳を守るのは小室さんしかいないからこそ、彼女の聖域は守るべき。小室さんは安らぎを求めただけで、これが離婚に結びつくことはないでしょうが、小室さんが信用を失うのは確か」(芸能レポーター川内天子)

        globe・KEIKO ゆず・北川悠仁と本気で結婚したがっていた

         

        10月24日、globe・KEIKO(39)が自宅で“くも膜下出血”のため倒れ、都内の病院に運ばれると、そのまま緊急手術を行った。

        KEIKO は、1995 年にglobeのボーカリストとしてデビュー。同年に発売したアルバム『globe』の売り上げは400万枚を超え、1998年には日本レコード大賞も受賞。日本を代表する音楽ユニットへとのし上がり、安室奈美恵(34)、華原朋美(37)らとともに小室ファミリーの一時代を築き上げた。

        プライベートでは、1999年5月に、ゆず・北川悠仁(34)と自宅や高級ホテルで密会を重ねる姿をキャッチされた。お互いの家を行き来したりと、順調に交際を重ね、お互いの両親に紹介もして、結婚も間近といわれていた。

        しかし、ここからKEIKOの苦悩の日々が始まる…。ふたりは結ばれることはなく、2002年3月に破局。音楽関係者は語る。

        「北川さんと別れたのは、新興宗教の教祖である彼の母親の猛反対にあったのが原因でした。KEIKOさんとしては本気で結婚したいと思っていただけに、その傷は深かったそうです」

        そんなときにKEIKOを支えたのが、とき同じくして前妻・吉田麻美(36)と離婚したばかりの小室哲哉(52)だった。そのまま2002年11月に結婚。しかし、KEIKOが夢見た幸せな家庭生活は長くは続かなかった…。

        2008年11月、小室は詐欺容疑で逮捕されてしまう。2006年8月、ある投資家男性から5億円を詐取した容疑だった。

        このとき、小室は膨大な借金の返済をKEIKOに背負わせたくないと離婚を望んだが、「私達のこれからの人生は大変険しいものですが、共に歩む覚悟です」と彼女は、自ら苦難の道を選んだのだった。

        ※女性セブン2011年11月10日号

         

        本日の逸品

         

        真ハタ

         

        クエの仲間で岩礁でじっとしいる魚。

         

        濃厚な出汁がでます。

        酒蒸し、刺身でご笑味ください。

         

        ご来店お待ちしております。

         

        【2018.01.20 Saturday 13:54】 author : とおる
        | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        【モランボン楽団】
        0

          1月19日(金)

           

          皆さんこんにちは。

           

          今日の記事  

           

          秋元康とAKBじゃないけど、北のとっつあん坊やのガールズグループ

          北の美女軍団はくるのかな?

           

          平昌五輪乗っ取り 韓国籠絡させたモランボン楽団長の正体

           

           すっかり北朝鮮ペースだ。平昌五輪への北朝鮮代表団派遣をめぐる南北実務協議がきのう(15日)、軍事境界線がある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で開かれたが、韓国が呼び掛けた次官級協議は見送り。代表団のうち芸術団派遣協議を先行させたい北朝鮮の求めで局長級交渉が行われ、「サムジヨン管弦楽団」など140人ほどの芸術団の派遣と、ソウルや江陵での公演で合意した。

           そこで注目されたのが、テーブルについた紅一点、北朝鮮代表団の玄松月氏だ。金正恩委員長肝いりのガールズグループ「モランボン楽団」の団長である。

          「ポチョンポ電子楽団やウナス管弦楽団で活躍し、国民的歌手として知られる彼女は金正恩の元愛人といわれ、同じウナス出身の李雪主夫人の先輩にあたります。2013年にポルノ頒布の疑いで銃殺されたとの情報が流れましたが、14年に表舞台に復帰し、ドタキャンしたモランボンの北京公演も率いていました」(外交関係者)

          女性ながら朝鮮人民軍大佐の肩書を持ち、昨年10月の朝鮮労働党中央委員会総会で中央委員候補に選出された。スピード出世は金正恩が目を掛けているからにほかならないが、交渉を託した意図はどこにあるのか。

           朝鮮半島情勢に詳しい国際ジャーナリストの太刀川正樹氏は言う。

          「韓国世論の懐柔でしょう。日本は〈東男に京女〉ですが、朝鮮半島は〈南男北女〉。2002年の釜山、14年の仁川アジア大会に派遣された北朝鮮の美女軍団に韓国男性が夢中になり、熱狂的フィーバーを巻き起こしたように、影響力は絶大です。親北感情の高まりは米国による軍事行動の歯止めになる。〈北のかわい子ちゃんたちを見殺しにできるか!〉となるわけです。米国は核・ミサイルで脅し、韓国は色仕掛けで籠絡。それが北朝鮮のやり方です」

           南北協議は北朝鮮の思惑通りに運び、平昌五輪は乗っ取られたも同然だ。北朝鮮は用意周到で、年末には芸術団による演奏公演を打診。それを受けた韓国文化体育観光部は閣僚級協議直前、ソウルの総合文化施設「芸術の殿堂」にコンサートホールなどの2月中の空き状況を確認し、場所を押さえたという。南北共同公演も検討されている。

           

          ■チケット販売不振で北に利用されるハメに

           いくら文在寅大統領が親北派とはいえ、韓国がここまで平身低頭なのはチケットが販売不振だからだ。

           五輪成功は国政の重要課題にもかかわらず、チケット販売率は6割程度にとどまる。開会まで1カ月を切り、自治体などにノルマ購入を迫ってもだ。

          「選手団とともに芸術団が訪韓し、美女応援団も引き連れてくるとなれば、国内のみならず、世界の注目も集まる。その間は北朝鮮の挑発はやみ、集客につなげられる。文在寅政権はそう計算しているのでしょう」(太刀川正樹氏)

           局長級の南北実務協議は17日に韓国側施設「平和の家」で開催予定。北朝鮮の最終目標は米韓合同軍事演習の完全中止と在韓米軍の縮小だ。

          北朝鮮の要求はどこまでエスカレートするか。

           

          本日の逸品 

           

          雲子(タラの白子)

           

          クリーミーで美味!

          女性に人気の逸品です。

          【2018.01.19 Friday 13:01】 author : とおる
          | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          【原点回帰】
          0

            1月18日(木)

             

            皆さんこんにちは。

             

            昨日は阪神大震災から23年。

             

            1月17日自分自身が原点回帰する日。

             

            震災関連の特番が流れるたびに当時のことを思い出します。

            当時生まれた子供が23歳になると思うと時間の経過を感じる。

             

            いちサラリーマンから「料理人」を目指してたのも神戸での経験が大きい。

             

            たった1回の人生「好きなことを生業にしたい」そして「人に喜んで貰える」仕事をしたいと思った。

             

            一瞬、とてつもない大きな爆弾が落ちたのか思った。

            後にも先にもこの時ほどマジで「死んだ」と思った事は無い。

             

            だからこそ、今生かされていることに感謝して皆様に喜んで貰える料理、接客をしなくてはならない。

             

            今日の記事 

            ゲームと同じインスタはもはや「中毒」だな

             

            料理冷めても必至になって撮ってる子が多い。

            料理を味わうより周りから「いいね!」が欲しいだろうな。

            いかに自分がよく見られたいかだな。

            本末転倒だ。

            人生の満足度ダウン…20代女性の4割が“インスタ疲労”自覚

             

            「正直ね、インスタ疲れもあるんですよ」

             昨年8月にインスタグラムを開設した福山雅治(48)がラジオ番組でポツリ。福山といえば、黒柳徹子(84)にインスタを勧めていた張本人だ。

             国内ユーザー数が2000万人を突破したインスタグラム。“インスタ映え消費”という言葉も定着しているが、福山のようにインスタに写真を投稿する時間がおっくうで、人知れずインスタ疲労を訴える者も多い。

             PGF生命「人生の満足度に関する調査2017」によると、インスタなどSNSにハマりすぎて満足度を下げたとする20代女性は38.8%。20代男性の19.2%と比べても突出している。

             インスタ映えを意識するあまり、わざわざ行列のレストランに足を運んだり、無理に節約して旅行に出かけたり、それがやがて苦痛になる。努力をした結果、目に見える成果があればまだしも、一般ユーザーのフォロワー数は100人未満がほとんど。なかなか努力が報われない世界だ。

            「英国王立公衆衛生協会が、インスタグラムは若者の心に与える不安感や孤独感、いじめなどの影響が強いと報告しています。依存性は、たばこやアルコールよりも強い可能性があり、過去25年間でうつ病の若者が7割増えたと指摘しています」(ジャーナリスト・中森勇人氏)
            インスタ依存に陥ると周囲の迷惑も顧みなくなる。ファミレスに着いた途端、インスタを起動させ、友人との会話も途切れがち。料理が運ばれてきてもお気に入りの構図が決まるまで何十枚も写真を撮りまくる。

            「100万人弱のフォロワーを持つタレントのGENKINGさんは、インスタでセレブ感を演出するため、宝石やブランド品などに1000万円以上を使ったと告白しています。今は反省し、久しぶりに更新した年明け早々のインスタでは『今までSNSが1番で、見栄ばっか張ってた私が、SNSより大事な事に気付いたの』とコメントしています」(前出の中森氏)


            虚飾の世界より地に足の着いた生活が大切だ。

             

            本日の逸品 

             

            なんども登場

             

            マサバ 美味い!

             

            きずしと頭は一夜しでご笑味ください。

            【2018.01.18 Thursday 14:34】 author : とおる
            | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            【獲ったどー!】
            0

              1月16日(火)

               

              皆さんこんにちは。

               

              今日は暖かい

               

              今日の記事

               

              これぞホンマの「ワイルド!」だ

               

              ナスDのサバイバル力にはびっくりした。

              腐ったドリンクも一気に飲み!

              なんでも出来るスーパーマンだ

               

              アイツのおかげで、ヒーローになれた。この濱口優の半分をつくった」by 濱口優

               

              テレビ朝日「陸海空 地球征服するなんて」(12月9日放送)

              「ワシがこうなったんはもう、アイツのせいやからな」と語りだした、よゐこの濱口優(45)が続けて語った言葉を今週は取り上げたい。自分をつくったという「アイツ」と対決したいと挑戦状を送ったのだ。「アイツ」とは今年、スタッフにもかかわらず大ブレークを果たした「ナスD」こと友寄隆英ディレクターのことだ。

               ナスDは「陸海空 地球征服するなんて」で部族の村に潜入。現地の人から出されるものを何でも食ってしまう。それどころか、現地の人がこれはやめたほうがいいと警告するものまで、ちゅうちょせず食ってしまう。同行した芸人のU字工事の存在まで食ってしまった男だ。

               現地の人が冗談で美白にいいと教えた「ウィト」を顔に塗ると、実はそれが入れ墨の染料。顔がナスのように黒紫色になってしまった。そのインパクトある顔はまさに今年の顔となった。

              そのナスDが濱口を「つくった」という。どういうことか。実は「獲ったどー!」という決めゼリフを生んだ「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日)のサバイバル企画で、濱口にそのノウハウを指導していたのが、ナスDだったのだ。

               もともと、よゐこは「シュール」の代名詞だった。トガった芸風で周りを寄せつけない。「シュールなことやってるイコール俺たちはカッコいいんだ」(日本テレビ「アナザースカイ」13年11月1日)とずっと思っていた。

               だが、ある時その考えが揺らいだ。今田耕司と東野幸治の番組にゲスト出演した時だ。2人から「出た、シュールくん!」「シュールなこと言って!」などとイジられ尽くしたのだ。「シュールってもしかしてカッコ悪いんちゃうか?」(同前)と思うようになった。

              「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」(日本テレビ)のレギュラーになると、同期のキャイ〜ンが番組でハジけているのに自分たちは目立てない。そのことに悩み、同じレギュラーの千秋や南原清隆に相談したりもした。その際、南原はよゐこを「ジョーカー」に例えた。使い方次第で武器にも弱点にもなる。けど、今はまだ「ババ」でしかないと。

              そんな時に始まったのが前出の「黄金伝説」だった。相方の有野晋哉(45)は「分かるやつだけが笑えばいい。格好いい笑いをつくる、よゐこってのが理想やったけど」と前置きしつつ、「子供から大人まで家族で笑っちゃう『よゐこ』を濱口がつくってくれたから、今もまだ芸人でいられるんやと思うわ」(テレビ朝日「お願い!ランキング」11年10月24日)と感謝を述べている。

               濱口はナスDによってポップに塗り替えられ、最強のジョーカーになったのだ。 

               

              本日の逸品  

               

              剣先いか 

               

               

              ここ最近値段が上がってます。

              【2018.01.16 Tuesday 12:41】 author : とおる
              | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              【40代式守伊之助】
              0

                1月15日(月)小正月

                 

                皆さんこんにちは。

                 

                今日までお正月

                 

                今日の記事

                このタイミング悪いな 3場所給料無し、夏場所で引退するようだ。

                まさかこんな事で職を辞するとは思ってもみなかっただろうな。

                 

                小生も肝に銘じて「酒」の場所は注意したい。

                意外!?セクハラ伊之助に「減刑」の声 コアなファン多く、地方関係者や親方から絶大な評価

                 

                 日本相撲協会は13日午後に臨時理事会を開き、10代の行司に対するセクハラ行為が発覚した立行司・式守伊之助(58)=本名・野内五雄(のうち・いつお)=の処分を決めるが、意外にも“減刑”を嘆願する声が挙がっている。

                場所前に突如、発覚した立行司・式守伊之助のセクハラ問題も同様だ。協会が異例の緊急会見を開いたのは5日の深夜11時。なぜ、急き立てられるように公表したのか。

                「昨年12月の沖縄巡業中に起き、被害者は入門したばかりの10代の若手行司。この一件を聞きつけて行司会監督に報告したのが、貴乃花一門の部屋の行司だったというのです。式守伊之助が、貴乃花親方に反発する横綱・白鵬のいる宮城野部屋の所属だったこともあり、執行部は“隠蔽しようとした”と貴乃花側から追及されることを恐れて焦ったのではないか」(担当記者)

                 なんと、そんな伊之助の“減刑”を求める声が、主に地方場所関係者の間から沸き上がっているという。

                 実は行司の職務は勝負を裁くだけでなく、多岐に及んでいる。たとえば巡業に出る際、力士たちが利用する交通機関の切符の手配、宿舎の予約なども大切な仕事。「伊之助さんはこれまでの立行司の中では、この仕事を完璧にこなされていた」(地方場所関係者)と絶賛されているのだ。

                 土俵上でも「小柄(公称165センチ)ながら、行司としての所作が美しい」と親方衆の間での評価はピカイチ。

                伊之助は昨年11月6日に放送されたNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀 大相撲裏方スペシャル」で特集されたばかりだった。

                 立行司は短刀を差して土俵に上がっている。伝統的に、軍配を差し違えた場合は切腹する覚悟を示しているとされる。伊之助は番組の中で、差し違えで辞めた立行司が過去に2人いたと聞き、想像を絶する重圧に襲われ、差し違えの夢を見るほどだったと明かす。

                 ところが、2015年秋場所から3場所連続4度の軍配差し違え。「焦りというか、前のめりになるというか。僕の見間違い。もうダメだと思って、もうこれで辞めようと思った」と当時の北の湖理事長に進退を伺い、3日間の出場停止処分を受けた。それを支えたのが家族の存在で、「やっぱり行司をやりたいというような気持ちに、3日間のうちに不思議となってきた。15歳で行司に入って、よその世界も知らないし、それしかないですから」と美談として報じられていた。

                 日本相撲協会の定年は65歳で、立行司への昇格は「60歳を過ぎてからが普通です」(相撲協会関係者)。ところが伊之助は53歳で第40代式守伊之助に昇進している。「これは極めて早い出世で、伊之助さんが本場所はもちろん、地方場所や巡業などでしっかり仕事をしてきたからだ」(同)と人望も厚い 昨年の九州場所でも、年に1度伊之助と会うことを楽しみにしていた地元関係者が多かったが、今年は元日馬富士の暴行騒動を受けて、伊之助の方から酒席を断ってきたという。その九州場所終了後の沖縄巡業で、つい酒を飲み過ぎたのが“乱行”につながったか。地方場所には伊之助見たさのコアなファンもたくさんいる。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

                本日の逸品 

                貝3連ちゃん

                活さざえ

                【2018.01.14 Sunday 12:52】 author : とおる
                | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                【子供の争奪戦】
                0

                  1月14日(日)

                   

                  皆さんこんにちは。

                   

                  一面湯雪化粧。今日から寒さもだいぶマシになるようです。

                   

                  今日の記事

                   

                  山科区にある京都橘大学は「勝組」の大学経営。京都のブランド力で地方の子供達を収集。

                  校舎も増設し、医療系の学科もあり今のニーズに対応している。

                   

                  すでに4割超が定員割れ…2018年は“私大再編元年”になる

                   

                   13日からセンター試験が始まった。志願者数は約58万人。前年度比7000人近く増えたが、喜んでいられない。今年は18歳人口が減少に転じる年。ヤバいのが私大の経営だ。

                   日本私立学校振興・共済事業団の調べによると、私大の定員割れは約20年前には3.8%に過ぎなかったが、16年度はナント44.5%に跳ね上がった。すでにスカスカだが、これからがもっとキツイ。いわゆる18歳人口の「2018年問題」が要因である。

                   18歳人口は1992年度の205万人をピークに、2009年度には約121万人まで落ち込んだが、ここ数年は横ばい続き。ところが、今年以降再び減少し、31年には100万人を割る見込みだ。実にピークの半分以下だ。

                  「若者離れが顕著な地方の大学が深刻で、生き残りに必死です。例えば、私大の公立化。各自治体とも学生が集まれば、全国の若者が移住してきたり、若者の地元離れを防ぐチャンスとなるから、大歓迎です。公立なら授業料は安くなるし、何と言ってもブランド力が違いますね」(大学通信ゼネラルマネジャーの安田賢治氏)

                   

                  ■地方の私大は打つ手なし

                   16年4月に、山口東京理科大が私立から「山陽小野田市立」になると、志願者は定員の7倍を超え、偏差値も10ほど上がったという。まあ、これはうまくいったケースで、大半の地方の大学は打つ手なしが実態だ。

                   都市部の大学も安泰じゃない。14年度で、全国の私大の約4割、短大の約6割が、補助金を含む収入で運営費を賄えない“営業赤字”に陥っている。このような悲惨な業界は淘汰が起きて、プレーヤーが減るのが世の常。ところが、都市部の私大では逆のことが起きている。元大阪産業大客員教授の八幡義雄氏(教育学)が言う。

                  「郊外では学生が集まらないため、私大の都心回帰がブームになっています。このため都市部に大学が集中してしまい、なけなしの学生の取り合いが起きています。過当競争です。パイが年々縮小するわけですから、いつまでも競争は続けられません。この間、私大は付属学校を充実させるなど、『タテ軸』を強化してきましたが、これからは『ヨコ軸』の連携が不可欠です。有名私大同士の統合も避けられないでしょう」

                   みずほ銀行だって、第一勧銀、富士銀、興銀という“名だたる銀行”の大合併でできた。近い将来、「日東駒専大学」や「MARCH大学」が誕生してもおかしくない。

                   

                  本日の逸品  

                   

                  北海道産 つぶ貝

                   

                  こりこり美味い

                  【2018.01.14 Sunday 12:10】 author : とおる
                  | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  【新潟JR15時間立ち往生】
                  0

                    1月13日(土)

                    皆さんこんにちは。

                    全国的に雪でマヒ。

                    センター試験も遅れて始まっているところもあるようだ。

                    今日の記事 

                    うちの前バイトの子が高校時代毎日通学で利用した電車。見附市出身。新潟三条高校卒業

                    大型ヘリで乗客をピストン輸送できなかったのかな?

                    JR信越線15時間立ち往生 乗客集中で運転強行か 新潟県は自衛隊要請検討もせず

                    立ち客210人を含む約430人の客を乗せた普通電車は駅を発車してわずか2分後、約300メートル進んでストップした。JR信越線が立ち往生したトラブルは、乗客が約15時間半も車内に閉じ込められる異例の事態に。JR東日本や行政は一体何をしていたのか。

                     JR東日本新潟支社によると、管内には積雪の運行停止基準やマニュアルはなかった。問題の電車は11日午後7時前、無人駅の東光寺駅(新潟県三条市)を出発。降雪でダイヤが乱れ運休が続出したため乗客が集中し、“運転強行”に判断が傾いた可能性がある。

                     現場付近では日中の除雪は実施されておらず、1本前の電車は約2時間前に通過。電車は雪をかき分け進んだが、2分ほどで運転席の窓近くまで雪がたまり停車した。同支社は人海戦術での除雪を決め、近隣にいた社員らを現地に派遣したが、除雪は難航。最終的に除雪車で線路を開通させることにした。

                     除雪車は上り線を逆方向から進み、除雪を終えたのは12日午前10時半前。「除雪車の出動はダイヤの調整が必要で時間がかかる。雪が固く、除雪も進まなかった」(同支社)。現場にバスを向かわせることも検討したが、バス会社から「雪で近づけそうにない」と難色を示され、タクシーなどで乗客全員を運ぶには時間がかかるため断念したという。

                    東光寺駅側にバックするという選択はなかったのか。踏切の警報トラブルや後続車と衝突する危険性もあり、同支社は「後方に戻るという認識はなかった」とする。ただ、鉄道技術に詳しい工学院大の曽根悟特任教授(78)は、電車を後進させて主要駅まで引き返すべきだったと指摘。「警備要員の派遣など安全確認に数時間かかったとしても、乗客の苦痛を少しでも早く取り除くことができた」との見方を示す。

                     乗客への対応も後手に回った。見附駅に乾パンなどが届いたのは、12日午前2時22分。乗客にペットボトルの水が渡されたのは同2時43分だった。

                     一方、県や市は大雪への警戒態勢をとるなどしていたが、トラブルに自ら動こうとはしなかった。県の担当者は、避難所の開設など具体的な要請があれば対応できたが、「依頼がなく動きようがなかった」と説明。自衛隊への災害派遣要請は検討対象にもならなかったという。

                     帰宅するため後続の電車に乗った自民党県議は、「最初から電車を止めるという判断があってもよかったのではないか」と疑問を呈し、「米山隆一県知事の対応をただす人が出てくるかもしれない」と話した。

                    本日の逸品

                    毛ガニ

                     

                    片身でもいけます。

                    【2018.01.13 Saturday 12:56】 author : とおる
                    | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    【計画倒産】
                    0

                      1月12日(金)

                       

                      皆さんこんにちは。

                       

                      今朝もマイナス風邪にお気を付けてください。

                       

                      今日の記事

                       

                      悪質だ「てるみくらぶ」と同じ 当日の成人女子は可哀想

                       

                      はれのひ被害1億円超え 横浜市は“やり直し成人式”を検討

                       

                       着物販売レンタル「はれのひ」(横浜市)が突然営業停止した問題で、被害は拡大の一途だ。横浜市と東京・八王子市が設置した特別相談窓口に10日までに寄せられた相談は計327件に上り、契約ベースの被害額は1億円を超えた。このほかに神奈川県横須賀市で950万円、川崎市で520万円の被害相談があった。

                       被害の中には、着物の売掛金約1000万円が未回収となっている京都の着物問屋や、8日の成人式の着付け会場だったホテルの使用料約100万円なども含まれる。

                       こうした中、風評被害も出ている。神社仏閣での和装挙式専門会社「晴レの日」(東京・港区)では8日から10日昼までに約300件の問い合わせやいたずら電話があった。約100件は顧客からの確認の電話だったが、残りは無言電話がほとんどだったという。ツイッターに8日、「『はれのひ』とは無関係」と載せたところ、リツイートが2000件を超え、中には激励するものもあったという。

                      一方、「はれのひ」に着付けを頼んでいたために振り袖を着られず、成人式への参加を諦めた新成人約100人がいた横浜市は、被害を受けた新成人を対象にした式典の開催を検討していることが分かった。

                       市では被害者らの意向を確認した上で、開催の日時や場所を決める方針。すでに市内の着物業者から協力の申し出も寄せられているという。

                       

                      本日の逸品

                       

                      ホッキ貝(北海道)

                       

                       

                      肉厚で美味!

                       

                       

                      【2018.01.12 Friday 13:15】 author : とおる
                      | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |